目指せ2000冊 2019年度編

0
    1月7日(火)



    目指せ2000冊


    遅ればせながら

    12月の読書報告と

    2019年読書の総括を。



    まず

    昨年12月に読んだ本は

    この4冊



    猫本1冊と

    刑事もん3冊(うち2冊は女性刑事もの)



    それにしても

    4冊とは少ないなぁ。



    年間では75冊

    これも以前に比べたら

    20冊くらい少ない



    ということで

    初心に帰り

    今年は

    年間100冊を目標に掲げます。




    とびねこの本棚

    通算1089冊

    目指せ2000冊 特別編

    0
      1月3日(金)





      正月三が日の最後です


      元旦、2日と

      母の見舞いや

      仕事の宿題、

      ニャンズとの戯れなどで

      明け暮れましたが


      久しぶりに

      書籍の調達に出掛けました。



      行き先は

      心斎橋のブックオフ

      My useal(笑)



      B1から3Fまであるのですが

      B1でCD物色して

      1Fで中古ギターを試奏したあと

      2Fで掘り出し物の文庫

      (あくまでも自分にとって)を探し

      時間があれば

      3Fの漫画を立ち読みして帰るのが

      いつものパターン。




      今日買ったのは

      前から読みたかった

      宮部みゆきの「荒神」と

      直感で選んだ

      下村敦史の「闇に香る嘘」の2冊






      宮部みゆきといえば


      つい先日

      「龍は眠る」を読みました。


      これまた

      恥ずかしいくらい

      今更ながらの名作ですが、



      超能力の話と

      あの表紙がどうも馴染めず

      長年読まず嫌い


      それがつい最近


      大好きな

      藤田新策の表紙画バージョンを見つけて

      衝動買い。

      それでも

      買ってからもなかなか手が出ず


      ようやく

      この正月に読んだのですが



      いや良かった。

      やっぱり

      良いもんは良いんやなあ

      もっと早く読んだら良かったと

      あらためて思いました。


      中盤から登場する女性が

      ある意味物語の鍵を握っており

      キャラクターも

      とても印象深いのですが


      なぜか

      あの名作「ダレカガナカニイル」の

      ヒロイン晶子と被り

      内容は違えど

      同じような

      切なさを感じました。


      あー読んで良かった。






      PS.

      同じく

      表紙で読まず嫌いしている

      「ステップファーザーステップ」も

      きっと読んだら面白いんやろうな。

      目指せ2000冊 2019年11月編

      0
        12月8日(日)




        腰痛2日目

        午前中は

        寝転がって本を読んで過ごす。


        目指せ2000冊

        11月に読んだのはこの5冊








        吉川英梨さんの警察もの

        それに道尾秀介さん


        好きな作家の本は

        やはり

        安定して面白い




        午後からは

        嫁さんと2人


        おじいちゃんを誘って

        おばあちゃんのお見舞い



        入院からちょうど一週間

        一昨日から

        4人部屋に移っています。


        入院する前のような

        耐えられない痛みはないものの

        やはり薬が切れてくると

        ピリピリして痛いらしい。


        このまましばらく入院して

        栄養と体力が戻ったら

        手術という選択も

        考えた方がいいかも知れません

        おばあちゃん的には

        あの痛みを我慢するくらいなら

        手術したいとのこと。


        余程辛かったんやろなぁ

        可哀想に。


        1時間以上話をして帰りました。




        腰の痛みは相変わらずで

        行き帰りの運転を

        嫁がしてくれると言ってくれましたが

        車通勤も想定して

        自分で運転してみました。


        車も1時間以上乗ってると

        腰に響きます。

        それでも

        あの荷物持って電車乗るよりは

        マシかなぁ


        明日の朝になっても

        腰の痛みが引かないようなら

        車で出勤するしかないな。





        PS.

        ポケ森もかれこれ2年目

        飽きもせず続けています(笑)


        「雪景色のキャンプ場 とても綺麗」






        目指せ2000冊 息子編

        0
          11月29日(金)



          息子に貸していた本が

          忘れた頃に返ってきた。


          貸していたのは

          堀井拓馬作「なまづま」


          覚悟はしていたが

          やはり

          これまでの本と同様

          表紙ボロボロ(笑)




          理由は

          本人曰く

          学校で本を読める時間が

          リーディングタイムという

          ホームルームみたいな

          時間の30分しかないため

          なかなか進まず


          それによって

          鞄の中に入れている時間も長くなるから

          だと言う。


          それにしてもこの擦れよう


          どんだけ

          鞄を荒く扱っているかが分かります



          男の子なんて

          そんなもんだろうと

          何ら腹も立ちませんが



          友達から借りてたりする本だと

          気を付けなあきませんね。




          ちなみに

          上記のリーディングタイムも

          今や自習時間に変わり


          本をのんびり読む時間さえ

          勉強時間に当てられるようになったようで

          「なまづま」も最後まで

          読めてないらしい(笑)



          ま、

          落ち着いたら

          いっぱい本読んだらいいわ。





          目指せ2000冊 2019年10月編

          0
            11月7日(木)






            目指せ2000冊

            2019年10月読了分





            読量、内容ともに充実

            百年法や原麻希シリーズなど

            ひと月に2回も特別編出したし

            終電の神様、死刑に至る病、

            部長漂流も

            特別編では今一なコメントしましたが

            それも表紙画が藤田新策と言うことで

            期待度が高かっただけ。

            どれも面白かったです。


            8冊ということで

            読書量も尻上がりに上がってきています


            スタートが散々でしたので

            年間100冊には程遠いですが


            残り2ヶ月

            マイペースで楽しもか。


            とびねこの本棚

            現在1080冊





            roots of my reading life

            0
              11月5日(火)



              作家の

              眉村卓さんが亡くなった。



              自分が

              これだけ

              本を読むようななったきっかけは


              以前にも書いた

              稲田耕作氏の「高校放浪記」ですが




              同じ頃に読んだのが

              眉村卓さんの

              「ねらわれた学園」でした。




              訃報を知って

              本棚探しましたが

              もう無かったですね。




              機会があれば

              買って読み返そうかな



              「ねらわれた学園」 ネットより




              それにしても

              この頃の

              薬師丸ひろ子さん

              可愛いいなぁ。

              目指せ2000冊 特別編

              0
                10月4日(月)



                読書の秋



                3連休

                土、日と外出が続いたため

                最終日はゆっくり本を読んで過ごします



                目指せ2000冊

                特別編


                「百年法」 山田 宗樹


                「ネットより」



                500ページが上下2巻

                読書の秋の

                最後を飾るにふさわしい

                大作でした。




                近未来

                手術を受けて

                不老不死が可能になった世界


                人口増加やその他の問題を防ぐために

                考案されたのが、

                手術した者は

                手術後100年を以って強制的に

                死ななければならないという

                100年法



                当然反発もある中で

                国民投票が行われるところから

                物語が始まる。



                抵抗する者

                受け入れる者

                また手術を受けず有りのままに生きる者

                陰謀、策略、クーデター



                生きることとは

                死ぬこととは


                一気読みの面白さでした。



                中でも

                特に共感したのは

                遊佐首相と牛島大統領の絆


                共に

                日本の将来を考え

                イバラの百年法を

                二人三脚で締結させた盟友



                その後、


                方や首相、方や大統領という立場になり

                徐々に溝ができ

                大統領の独裁に苦言をしたことで決別


                やがて

                圧倒的な武力を有する自衛隊と

                強力な直属親衛隊をもつ大統領は

                側近にそそのかされて

                さらに暴走

                おまけに自身も病に倒れ


                あわや強大な権力が

                側近に渡り

                万事休す



                というところで

                まさかの大逆転劇




                大統領が

                自身に何かあった時のために

                親衛隊に厳命していた

                大統領特別0号司令のシーンがたまらない





                冷徹と思っていた親衛隊長の大佐が

                姑息な側近に言い放つ

                大統領から授かった

                全てをひっくり返す一言には

                涙が出ました。



                自分的には

                ここがクライマックスかな




                そして

                最後の最後

                正真正銘

                国家存亡をかけた

                国民投票が行われる



                そして最後のスピーチ





                これも

                子供らに読ませたいリストに

                入れとこ。





                目指せ2000冊 特別編

                0
                  10月13日(日)



                  三連休中日

                  嫁さんから愛菜ランドに誘われて

                  はるばる岸和田へ



                  愛菜ランド自体には

                  正直あまり興味もなく

                  強いて言えば

                  行き帰りの車中で

                  嫁さんといろいろ

                  話しできるのが楽しいくらい。


                  ただ

                  女性には大人気のようで

                  相変わらず

                  すごい人






                  「愛菜ランド ネットより」



                  で、

                  手持ち無沙汰の

                  お父さん連中は


                  子供の相手をしたり

                  ボーッとタバコ吸ったり

                  あとはベンチでウトウト




                  こっちも

                  唯一好きな

                  お花屋さんを見る以外は

                  何もすることがなく

                  家から持ってきた本を読みながら

                  暇を潰すだけ





                  ただ

                  いつもながら

                  ロケーションは素晴らしく

                  そこに居るだけで

                  リフレッシュできました。





                  持っていった本とは

                  全く合ってませんでしたけどね(笑)







                  PS.

                  読書メーターでの酷評VS大好きな藤田新策の表紙画

                  うーん

                  内容は

                  読書メーターの通りか…

                  結構評価は

                  甘い方やねんけどなぁ。


                  目指せ2000冊 特別編

                  0
                    10月9日(水)




                    目指せ2000冊特別編

                    吉川英梨 「蝶の帰還」上・下巻読了


                    面白かったぁ

                    このシリーズはほんま

                    抜群の安定感やなぁ。


                    女性刑事小説の大ファンで

                    いろんな作家さんが

                    それぞれ

                    魅力的な女性刑事を描いており

                    このシリーズの原麻希もしかり


                    シリーズ一作目が

                    「アゲハ」という題で

                    今回の「蝶の帰還」の蝶というのが

                    ズバリこのアゲハ



                    詳しくは書きませんが

                    主人公とは

                    深い因縁のある女性です



                    以前読んだのが

                    かなり前なので

                    正直

                    このアゲハの印象が

                    あまり無かったのですが


                    この作品での

                    存在感と魅力たるや

                    完全に主人公の原麻希を

                    喰ってしまっています。



                    他の人物もそれぞれ魅力のあるキャラで

                    これからも

                    本屋で見つけたら

                    即買い必至です。








                    古本派なので

                    どのシリーズが

                    完結して

                    どのシリーズが継続しているかが

                    分からず

                    ブックオフなどで

                    急に見つけると

                    幼馴染にバッタリ会った時のような

                    気分になります。




                    よーよー久しぶりやん!

                    みたいな?(笑)



                    継続しているシリーズも多く

                    そこへ

                    新規も加わったりして



                    女性刑事ものの旅は

                    まだまだ続きます。







                    目指せ2000冊 2019年9月編

                    0
                      10月8日(火)



                      目指せ2000冊

                      2019年9月


                      読んだ本は5冊



                      読書の秋とは裏腹に

                      読書量は伸びず



                      面目ない(笑)



                      「本ボシ」は

                      あの傑作「鼻」を書いた曽根圭介


                      ラストは

                      賛否両論あるらしいが

                      正直、否の方だ。

                      是非

                      続編を出して欲しい。



                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << January 2020 >>

                      とびねこの本棚

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1718 最後に更新した日:2020/01/24

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM