king biscuit flower hour

0
    6月26日(水)





    最終電車より。



    youtubeで


    聴いたことのない

    ランディローズのパラノイドの音源を

    発見




    鳥肌立つわぁ





    しかも

    出所が

    king biscuit flower hour !



    懐かしい




    確かアメリカで

    海賊版ばっかり流してた

    ラジオ番組ちゃうかったかなぁ。



    F Mのエアチェックしていた頃が

    懐かしいわ。

    転がろう

    0
      5月22日(水)



      朝、

      息子が勉強のことで

      こっびどく叱られてるのを

      見て見ぬふりしながら出社


      許せ息子よ(笑)





      とは言いながらも

      息子もその辺は心得たもんです。


      へたに俺が首突っ込んだら

      事態はさらに収集つかへんもんな笑笑



      ま、

      明日から

      修学旅行やろ

      なーんもかも忘れて

      楽しんでこーい!








      最終電車より


      羽はちぎれたよ

      ジェット機も持ってない

      跳べないのならば

      もう転がるだけだ〜

      LOVE&ROLL〜

      「LOVE&ROLL」 by Voodoo

      hawiians











      Clapton coverd Prince

      0
        5月16日(木)




        3日間続いた展示会の最終日

        接客と見学と撤去のため

        午後からATCホールへ。




        17時に展示会が終わり

        そこから撤去作業

        手慣れたメンバーのおかげで

        比較的早く終わったのですが、


        積み込みの車の順番が

        なかなか回って来ず


        周りがどんどん片付いていくのを

        ぼーっと眺めるだけの

        時間が過ぎていきます




        結局会場を出たのが

        20時過ぎ


        一杯飲みたいのをグッと堪えて

        会社に戻って一仕事。



        で、

        結局いつもの時間



        さすがに家まで我慢できず

        かといって

        何処かに寄ってる時間はない



        というわけで

        仕方なくホームでプシュッと。





        こういう時は

        景気付けに

        軽快な曲でも聴きながら帰ろうと

        youtubeを開いたら


        クラプトンパープルレインというのがあった。

        見ると確かにクラプトンが

        今は亡きプリンスの

        パープルレインを演っている


        ビックリして調べてみると

        つい先日

        ロイヤルアルバートホールで

        コンサートを行っており

        その時の演奏らしい。

        オーディエンスと一体になった

        素晴らしい演奏でした



        さらに

        13日に亡くなった

        ドリスデイを追悼し

        ケ・セラ・セラまで

        歌ったらしい



        慌てて

        動画がないか探しましたが

        こちらは残念ながら

        今のところアップされていないようです。


        誰かアップしてくれー


        それにしても

        ドリスデイの訃報は知らなかった

        97歳かぁ凄いなぁ





        あらためて

        ご冥福をお祈りします。

        最終電車より

        0
          5月8日(水)



          最終電車より



          「いつかギラギラする日」

          邦画の中では

          ベスト5に入るかも



          で、

          youtubeで見つけた

          ショーケンと安岡力也

          今は亡き二人が

          アブサンで乾杯するシーン




          どこを切り取っても

          格好良い映画ですが

          このシーンもまた渋い。





          裏稼業から

          表向きは一旦引っ込んで

          靴の修理屋をやってる力也の元へ

          ショーケン演じるギャングが尋ねる


          店に入り

          履き潰したボロボロの靴を脱ぐショーケン

          どうやら注文していた靴を

          受け取りにきたらしい




          踵を慣らして履き心地を確かめたショーケンが

          「腕落ちたんじゃねぇか」と凄めば


          「お前の足が老けたんだよ」と

          力也が返す


          笑いながら力也が見てるのは

          履き潰されて

          ボロボロになった靴に付いた

          明らかに血と思われるシミ



          そして二人で二階に上がり

          「上手くカモフラージュしてるだろ」

          とスピーカーの壁をズラせば

          壁一面の棚に拳銃やナイフがズラリ


          武器を選んで塩梅を確かめるショーケンに

          とっておきのやつを飲まねぇかと

          埃を払いながら取り出したのがアブサン



          で、上の写真のシーンとなるのです。



          堪りませんなぁ


          DVD探して買お。



          PS.

          アブサンには及びませんが

          とっておきのワインをよばれました



          季節外れのジャコビニ 最終電車より

          0
            4月12日(金)





            最終電車

            youtubeでYuming



            「悲しいほどお天気」が

            フルアルバムで聴けるなんて

            有難い時代やでと思い、

            軽い気持ちで聴きだしたのですが、


            一曲目のジャコビニ彗星の日が

            流れ出した途端

            中学3年生へタイムスリップして

            胸がいっぱいになってしまいました。






            勉強ができず

            地元の塾ではついて行けないと

            となり町で出来の悪い生徒を集めて

            教えているおじさん(今思えばお兄さん)

            の家まで自転車漕いで

            違う学校の生徒たちに混じって

            勉強した日々。




            まず、行ったら

            先生の前で

            英語の教科書を暗唱


            暗記できてなかったら

            その日は終わり(笑)

            その場で帰らせれる



            遠くから

            わざわざ来てるので

            必死で覚えて行きました。


            厳しい先生でしたが

            毎回、おやつの時間(ココアがめちゃ美味しかった)があったり

            何より

            途中の中華の出前が楽しみやった。


            確か月8千円くらいの月謝やったはず

            完全ボランティアでしたね。


            先生がちょっと外出した隙に

            悪友たちとタバコを吸って


            急に帰ってきて

            慌てて消してゴミ箱に捨てて

            何食わぬ顔で授業受けてたら


            ゴミ箱から煙が出てきてバレたり(笑)



            夏は先生の車で

            高野山や吉野に恒例のキャンプ。



            その時

            車の中で聴いてたのが

            「悲しいほどお天気」と「昨晩お会いしましょう」でした。


            今でもこの二枚を聴くと

            その先生と当時の友達を思い出します。



            PEARL PIERCE、流線形80、

            Surf&Snowも擦り切れるほど聴きましたが

            自分にとってこの二枚は特別です。





            シベリアからも

            見えなかったよと

            翌朝、弟が新聞広げ

            つぶやく

            淋しくなれば

            また来るかしら

            光る尾を引く

            流星群

            「ジャコビニ彗星の日」 by ユーミン



            この歌詞は

            自分にとって

            いろんな意味で

            感慨深いものがあります



            当時この歌詞のシチュエーションに

            どれだけ憧れたことか。


            いつか

            あの人と

            見れる日が来たらいいな。




            まじで

            今年中にCD買おうかな。


            (ネットより)


            (ネットより)

            最終電車より

            0
              3月28日(木)



              今朝は少し暖かい


              重いコートは置いて家を出ます。


              最近は

              家を出る時に

              庭の桜を眺めるのが習慣です







              日本の心ですな。




              で、

              打って変わって

              帰りは今日も午前様



              堂島の地下センターも

              この時間は寂しいもんです





              元気になるやつ一曲聴いて

              帰りましょか。






              「In to the arena」 by マイケルシェンカー

              御歳64歳

              当時と変わらぬ勇姿


              格好ええなぁ

              コピーしよかな(笑)

              映画一本分の充実感

              0
                2月14日(木)




                バレンタインデー

                それが?



                相変わらずの終電生活です。


                pm11時58分



                最終電車より


                今更ですが


                「Shape Of You」 by Ed Sheeran


                まるで

                短編映画を一本観たような

                充実感がありますね。

                最高。





                再生回数

                40億回?!(笑)





                PS.

                それでも

                貰うもんは

                貰うで。


                最終電車より

                0
                  1月24日(木)




                  最終電車より

                  今週のヘビロテ


                  ルックス良し

                  声良し

                  曲良し

                  歌詞良し


                  キューバ生まれハバナ育ち

                  カミラカバロ


                  real friends by camila cabello




                  never be the same by camila cabello



                  ええわぁ

                  この気怠さ


                  気怠さの中にも

                  秘めた情熱がある感じ
                  最近の音楽に疎いので

                  何というジャンルか分かりませんが


                  好きです。



                  あと一日

                  乗り切ろう。

                  最終電車より

                  0
                    12月20日(木)




                    久しぶりの

                    最終電車より



                    最近のヘビロテ



                    12月に入ってから

                    常に

                    波間を漂っているような


                    状態の

                    今の自分の耳には

                    この曲が

                    優しく響きます



                    サイコー

                    暇つぶし

                    0
                      11月22日(木)




                      最終電車なう


                      本を何処かに置き忘れてしまい

                      すこぶるヒマ




                      「車内にて」





                      いい感じに描けたのはいいが


                      本はどこいった?


                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>

                      とびねこの本棚

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1561 最後に更新した日:2019/07/21

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM