Kids Are Alright

0
    7月14日(日)



    3連休中日は実家へ。


    妹の次男坊やが

    1歳の誕生日とのことで、

    プレゼント買って実家で会う事に。

    妹に会うのは1年振りくらい。



    1歳かあ

    めっちゃ可愛いやん。

    お兄ちゃんもまだ自分が甘えたいさかりなのに

    しっかり自覚をもって面倒みている

    偉い!



    妹とは10歳年が離れており

    ちょうど妹が思春期のころ

    こっちは遊びたい盛りで

    あまり家にいない事が多く

    そうこうしているうちに家を出たので

    殆どその頃は

    妹と接したという記憶がない



    今は自分よりよっぽど幸せになっているので

    取り越し苦労かもしれないが、


    あの頃、自分が家にいたら

    妹も親に言えないような悩みを打ち明けられたりしたのでは無いかなどと

    思ったりすることもあった。




    こうして今

    お互い結婚して

    家庭を持ち


    自分の子供2人と

    妹の子供2人が

    遊んでいる様子を見ていると

    何か

    感慨深いものがある。



    この子供らが

    何かあった時に助け合うような

    関係になってくれたらなと

    自分の事を棚に上げて

    思うのでした。

































    ハルマゲドン

    0
      7月13日(土)



      ー 午前中 ー


      朝起きてチョコの散歩。

      花の水やり

      リンゴと魚たちの水交換。

      書斎の掃除。


      寝不足で少し頭が痛い。

      お香を焚いて

      暫しボーッとする。


      老作家の雰囲気を目指す書斎も

      朝の光を浴びていい感じ。



      チビ達が勉強する間、

      書斎で音楽など聴いて過ごす。


      人生なんてあの太陽の瞬き〜 ブルースビンボーズ


      書斎にもステレオが欲しいぜ(笑)





      ー 午後 ー


      一旦家族散会。


      チビたちはこの暑い中遊びに。

      自分もちょっと用事があって堺筋本町へ。

      夕方から出掛ける予定の嫁さんは、

      1人家で留守番。

      邪魔臭い父子がいないので、

      さぞや平和な時間を過ごせる事だろう。



      ー 夕方 ー


      用事が早く終わったので、

      本町から心斎橋までアーケードを歩く。


      インド雑貨屋があったので入る。

      シトリンのいいのがあったので購入。

      コツコツ集めてるシトリンもようやく10個になった。




      嫁さんからメールが入り、

      娘の本を何か買ってきて欲しいとの事。

      ちょうどブックオフがあったので入る。


      「飛ぶ船」は無かったが

      いいのがあったので購入。





      ここまで来たならついでだと、

      ファンハウスに顔を出し、

      栄ちゃんと暫し雑談。

      親戚が同級生だった事を伝え盛り上がる。


      ハンキーパンキーにも寄って

      レコードを物色。

      今回は特に無し。


      最後に東急ハンズで

      レザー加工、木工、文具などを見て回わってようやく帰る。


      ー 夜 ー


      嫁さんは予定通り友達と食事

      父子は3人で外食。

      娘のリクエストでお好み焼き「ふたいろ」さんへ。

      前に一度自分が食べてきた写真を見て

      どうしても食べたいメニューがあるらしい。


      常連の間ではハルマゲドンと呼ばれ、

      メニューにも載っていない

      必殺の逸品



      何故ハルマゲドンと呼ばれるかと言うと、


      何故かいつも

      相当お腹一杯になったところで、

      最後のシメとして注文するのと、

      見ての通り、とても最後のシメに登場するようなシロモノではない為、

      このようなネーミングに。


      写真は1人前なのだが、

      3人前以上になると

      鉄板いっぱい隙間なく広がり

      食べる者を威嚇する


      そんな苦行のような事を何故するのかと言うと、

      美味しいから。

      お腹いっぱいでも

      食べれてしまうからなのだ。


      娘はしょっぱなからハルマゲドンを頼み、

      シメにもう一度頼んでいた。

      美味しいを連発するチビたちに、

      お店の人もうれしそう。

      連れてきた甲斐があったなあ。

      お腹いっぱいになって

      21時頃家に帰る。


      帰って3人でお風呂に入り

      あとはゴロゴロ過ごします。

      なかなか楽しい3連休初日でした。














      目指せ1000冊 2013年6月編

      0
        7月9日(火)



        暑い中、

        精力的に読書してます。


        今年も半分過ぎて

        読んだ本は36冊。

        去年の73冊は超えそうです。


        6月に読んだのはこの5冊。




        本に限らず、

        基本的に自分で選んだものは

        いいものだと思い込める幸せな性格ですが、

        背表紙買いをしだしてから

        ほんと良い本に当たっており、

        特別編で紹介する回数も増えてきています。


        「東京異聞」はあの傑作「屍鬼」を書いた小野不由美さんの作品で、

        明治期の東京(とうけい)を舞台にした怪奇ミステリー

        火炎魔人、闇御前、人魂売りなどという名称に

        小学生の頃夢中で読んだ江戸川乱歩
        を懐かしく思い出しながら読みました。


        「有頂天家族」は森見登美彦さんの作品で、

        「夜は短し〜」と同じく京都を舞台に、

        タヌキと人と天狗が当たり前に存在するファンタジーな話。

        タヌキの家族が主人公という事で、普通なら手を出さないところ、

        この人の作品と言う事で読んで見たが、

        さすがです。

        タヌキが主人公という先入観は

        見事に裏切られ、

        非常に楽しく読めた。


        ヒロインは天狗に育てられた人間の女の子。

        相変わらずこの人の描くヒロインは

        魅力的だ。



        もうすぐ夏休み。


        嫁さんからは、

        今度本屋に行ったら

        子供らの読めそうな本見てきたってと

        言われている。


        是非ともいっときたいのは

        「飛ぶ船」やなあ。


        今度、真剣に探してみようかなと思う今日この頃なのでした。



        とびねこの本棚 現在518冊

        トップシーズン

        0
          7月8日(月)



          梅雨明け宣言。

          えらい早く明けたなあ。

          ただでさえ、梅雨らしい梅雨もなかったのに。



          今日は20時半頃帰宅。

          いつものように

          出迎えのチョコに舐めまわされた後、

          魚とリンゴの様子、食欲などについて食事係の娘から報告を受ける。

          新しく加わった三毛猫モーリー

          初日こそ、先住者に突かれてたようだが、

          今日あたりから突き返しているとの事

          小さいのに勝気だ。

          続いて、リンゴの餌が残り少ないとの事。

          父「じゃあ明日から1回の量減らして」(笑)

          娘「あかんよー」(笑)



          その後、ノンを裏庭に放し

          虫関係のチェック

          まずはオオクワ羽化状況。

          8匹中、6匹の羽化を確認、

          そのうち少なくとも2匹は♂のようだ。

          続いてオオクワ成虫にゼリーの配給。

          先日、2011年羽化組の2頭(♂♀)が

          ☆になり、現在成虫は7頭。


          最後にカブトの羽化状況をチェック。

          蓋を開けると羽化した♂が3頭ほど

          何れも引っくり返ってもがいている。


          幼虫のセッティングなので

          足場が無く、

          起き上がるのが苦手なカブトには

          辛そうだ。


          早速、成虫用のセッティングでケースを準備し、

          羽化した子から移していく。


          今年のカブトはどうも立派そうだ。

          さぞや沢山食べることだろう。

          ゼリーも常時100個は備蓄しているが、

          一斉に羽化した日にゃ

          ひとたまりもないな。


          リンゴの餌の減り具合も甚だしい。


          トップシーズン恐るべしです。


















          BS

          0
            7月7日(日)七夕



            朝起きてチョコの散歩。


            さすがに昨夜は早く寝たようで、

            嫁さんが帰って来たのも覚えていない。

            ただ、

            寝ぼけながらも話はしてたようで、

            娘が撮ってきたプリクラについて、

            「こんなん別人やん」(笑)

            と言い合って笑っていたらしいのだが、

            あまり覚えていない。


            今日はチビのボーイスカウト体験日。

            長い間決まらなかった

            チビの3つ目の習い事がようやく決まったようだ。


            サッカーに興味をもったり、

            野球に誘われたりしながら、

            迷っていたのは知っていたが、

            てっきり野球かサッカーのどちらかだろうと思っていたら、

            最終的に本人がやりたいと言ったのは

            ボーイスカウト。


            想定外ではあったが、

            何か嬉しかった。

            ええやん。

            集合場所はいつも近所の公園のようだ。


            しばらくすると、

            制服姿の可愛らしい隊員たちが

            集まってくる。

            チビと同じ学校の同級生も3人いて

            楽しそうだ。

            野球もしたかったようだが、

            同じ学年の子がおらず、

            結局その辺が決め手となったようだ。

            やっぱり横のつながりがないと

            寂しいもんなあ。


            以外だったのは

            結構同学年でもやんちゃな子が集まっており、

            ボーイスカウト=まじめ優等生

            と言うイメージがあったので、

            逆に安心した。

            今日は浜寺ジャンボプールにて、

            水泳訓練との事。

            これから夏にかけて、

            チビの好きなキャンプやバーベキューもあるようだ。

            良かったなあ


            皆で誓いの

            「カブスカウトは自分の事を自分でします」

            を復唱し、

            颯爽と歩いて行きました。

            大いに楽しめ


            チビを見送った帰りがけ、

            巨大なヒマワリが咲いてる家がありました。

            人ん家なので写真は控えましたが、

            2階にも届かんとする大きさでした。


            嫁さんも気になったようで、

            「種もらわれへんかなあ」

            と言っておりました。


            こういうところ

            似てんねんなあ。


            今度、家の人がいてたら

            声かけさせてもらおうかな。

            校区外

            0
              7月6日(土)



              何から書こう。

              結構いろんな事があったので、

              出来るだけ簡潔に。



              ー金曜日ー

              仕事が終わって

              家に帰ってから

              嫁さんと2人で和歌山へ。


              親戚の叔母さんが亡くなって

              そのお通夜。

              先方が気を遣うので、

              自分は会場の中には入るなとの事。

              で、てっきり車の中で待つものと思っていたが、

              自分は来てない事にしてるので、

              皆で一緒に出てくるかもしれないから

              という理由で、

              車からも出される。

              途方にくれて歩いていると、

              嫁さんの従姉妹(自称、和歌山の綾瀬はるか)にばったり会う。

              いきなりばれてどうしようかと

              思っていると、

              ちょっとコンビニまで付き合ってほしいと言われ

              有無を言わさず車に乗せられる。

              その後、2人で24h営業の複合施設で

              時間を潰す。

              嫁さんの従姉妹は

              年も近く、

              気を遣わすに付き合えるから

              楽しい。


              しばらくして嫁さんから電話があり

              結局、会場で皆と合流。

              綾瀬はるかのお姉さんや、

              先日大量のカブト幼虫を我が家に送り込んだ張本人(綾瀬はるかの母親)

              にも会ったので、叔母さんには

              「幼虫23匹も有難う」と言っておいた
              (笑)

              聞くところによると、

              自分の山をもっておられて、

              何と何とそこには、

              殆ど人の手が入っていない

              雑木林があるらしい。

              何ともセンセーショナルな話では無いか。

              是非とも一度入らせて頂きたいものだ。


              もう一つビックリしたのが。

              綾瀬はるかのお姉さん、

              何とファンハウスのえいちゃんの

              同級生である事が分かった。

              世間って狭い

              今度会った時言おうっと。


              あれこれ喋って、

              0時過ぎに解散。


              帰りは眠たくなる事を想定していたので、

              自分でセレクトしたCDを大音量で流す。

              「Harder than You think」 Public Enemy


              パブリックエナミー=(社会の敵)

              最高。


              嫁さんが起きてたら

              怒られるようなスピードで

              ひたすら大阪を目指す。

              自宅到着1時半。

              風呂に入ってすぐに寝るつもりが

              何となく気が張って寝付けない。

              5時頃まで本を読んだり音楽聞いたり。


              明け方、ふと気付いて

              カブト幼虫のケースを覗くと、

              2匹ほど羽化していた。



              いよいよか…


              大食漢のカブトの大量飼育。

              「地獄の季節」 を目前に

              思わず武者震い。

              気を失うように眠りに落ちる。




              ー土曜日ー


              流石に睡眠1時間はきつく、

              久しぶりに使い物にならない。

              午前中は

              何とかルーチンワークをこなす。


              昼から、

              嫁さん1人でお葬式へ。

              娘は友達3人と始めて校区外の複合施設へ。

              学校では禁止されているようだが、

              普段、親に似て真面目すぎるため、

              話を聞いた時は

              嫁さんも自分も大賛成(笑)

              餞別まで渡して送り出す。

              (でも、弁当と水筒を持っていくところが笑ける)



              今日は水槽に新しい魚が仲間入り。

              前から考えてた通り、

              バルーンモーリーを1匹追加。

              体色がなかなか面白く、

              猫で言えば三毛猫のように

              三色の色が入っている




              取り敢えず、増やすのはここまでの予定。

              いよいよ

              地獄の季節の到来。


              本買う金残るやろか。































              May you stay Forever young

              0
                7月1日(月)





                今日は帰りがけに嫁さんから電話があり

                帰りに1件用事を頼まれた。


                場所を聞くと心斎橋

                さらに詳しく聞くと

                ハンキーパンキーレコードの横のお店であった。



                これは寄らない手はないなと

                帰りに立ち寄り1枚購入。



                少しペースが早いが

                ジャケットと中身で選ぶ国内盤の8枚目

                「PLANET WAVES 」 Bob Dylan


                1974年オリジナル盤

                バックにザ・バンド

                気の合う仲間たちの中で

                とてもリラックスして歌っているのが伝わってくる

                ディランの声も若々しい。


                1回和訳を見ながら通して聴いたあと、

                必殺の桜焼酎のソーダ割りを作って

                2回目は音楽だけに集中して聴く。


                それにしても

                この桜のボトルの焼酎はほんとに素晴らしい

                この色(笑)

                色だけ見て誰が焼酎と思うだろうか。



                フォーエバーヤング♫

                ウェディングソング♪

                ほろ酔い加減で良い気分

                思わず

                子供たちと嫁さんの眠る部屋に乱入したくなったぜ。


                なんて。




                早いもので今年も半分終わりました。

                念頭に立てた目標は遅々としてクリアー出来ていませんが

                焦らず

                マイペースでいきましょうか。
















                モンハン・デビュー

                0
                  6月30日(日)




                  昨晩、夜更かししたのにも関わらず

                  4時半頃に目が覚める。


                  二度寝しようと思ったが、

                  目が冴えてしまったので、

                  ボーッと魚でも観察しようと

                  2Fに上がる。


                  今、うちの水槽は

                  セルフィンプレコとバルーンモーリーが1匹ずつ。

                  是非とも仲良くやって頂きたいものだが、

                  これがなかなか…


                  一見、仲睦まじく見えるが、

                  これは、モーリーがプレコを突ついてるところ。

                  愛らしい体型に似合わず以外と気が荒い。


                  でもこの後、

                  今度はプレコがモーリーを追っかけ回していた。

                  一方的に、片方がいじめられてると言う訳では無さそうだが、

                  何とか穏便に願いたいものだ。



                  午前中は嫁さんと湊町のフリマへ。

                  珍しくチビも同行。

                  今回は割と収穫があって

                  iphoneのケースと

                  ジュエリーボックスを購入。


                  特にジュエリーボックスは大型でオルゴール付き。

                  残念ながらオルゴールは壊れていたものの、

                  昔の日本製でなかなか可愛い作りをしており一目惚れ。

                  宝石など持っていないのに

                  衝動買いしてしまった。


                  持って帰って早速書斎の棚に組み込む。




                  昼からは、

                  チビに付き合って工作。

                  モンハンのハンターを真似て、

                  自分用に鎧や兜を作りたいと言う事で

                  ダンボールを切り抜いて制作。

                  今日のところは兜と両腕部分まで出来上がった。


                  また、モンハンと言えば、

                  今日ついにモンハン・デビューを果たす。


                  ゲーム関係は苦手で、

                  ずっと渋っていたのだが、

                  チビの

                  「女ハンターも作れるで」

                  と言うこちらの心情を見透かしたかのような誘いにまんまとのせられ、

                  気が付いたら嬉々として自分用のハンターを作っていた。



                  で、

                  早速実践に出たが

                  当然上手く操れるわけがなく、

                  鈍臭いこと甚だしい。


                  チビからは

                  さんざん偉そうに講釈をたれられ

                  腹が立つやら情けないやら(笑)


                  でも、これって

                  普段チビたちが味わっている気分ではないかと

                  ちょっと思いました。


                  大人から散々偉そうに言われたり

                  バカにされたりして

                  上手く言い返すこともできず

                  普段こどもたちって日常的にこういう気分を味わっているのではないだろうか。


                  せめてチビが得意になれることくらい

                  好きなだけ講釈をたれさせてあげようと思いました。



                  う〜ん

                  それにしてもくやしい。

                  秘密特訓でもしようかな























                  とびねこからbeach-bum様へ

                  0
                    6月29日(土)



                    beach-bum 様

                    お問い合わせの件

                    大変遅くなりました。



                    本日出勤日につき

                    帰宅後、

                    チビと一緒に

                    昆虫図鑑で調べましたところ

                    おそらくこの子ではないかというのが

                    見つかりましたので、

                    報告いたします。


                    送って頂いた写真の子ですが、

                    アカスジキンカメムシと思われます。



                    通称 、

                    "歩く宝石" と

                    呼ばれているらしいです。


                    それにしても

                    前回のヒラタクワガタと言い、

                    いいとこ突いてこられます。


                    これからも

                    何かありましたら

                    いつでも連絡して下さい。


                    目指せ1000冊 特別編

                    0
                      6月28日(金)






                      「夜は短し 歩けよ乙女」 森見登美彦


                      京都の馴染みのある地名を背景にした

                      恋愛ファンタジー

                      昔、よく通った先斗町や木屋町を

                      また散歩したくなった。


                      下鴨神社の夏の古本市にも行ってみたい。

                      そして、無性にお酒を呑みたくなった


                      この人の書く作品は、

                      現実と夢が入り混じったような世界観で、とても好きだ。


                      李白さんの自家用三階建電車や、

                      自称天狗の青年など

                      あり得ないのにありありと目に浮かぶ


                      台詞もまたいちいち格好良い

                      どうやったら飛べるのかを聞かれた時の天狗青年の

                      「地に足をつけずに生きることだ。それなら飛べる」

                      とか、

                      「今までの人生で読んできた本をすべて順に並べてみたい」(俺も!)

                      とか、

                      ヒロインに恋するヘタレ青年の

                      命を賭けて彼女を追いかけ

                      「たまたま通りかかったものだから」

                      には泣けた。




                      変わった登場人物たちの

                      素敵な言い回しに

                      読んでるこっちもほっこりした気分になる。

                      また、

                      冒頭に今は無き

                      老舗喫茶の「みゅーず」が

                      登場するが、

                      これまた、みゅーずと言えば自分の中で

                      Best5に入る喫茶店だった。

                      カメラ下げて京都に行った時には

                      必ず立ち寄り、

                      すぐ横を流れる高瀬川が見える席に陣取り、

                      春は桜、秋はもみじが浮かぶ川面を

                      見ながら格好つけて本を読んでた

                      記憶がプレイバックされて

                      思わず赤面。


                      みゅーずと来たら

                      もう1件すぐ近くに

                      Best5に入る

                      「喫茶室フランソワ」こと

                      「サロン・ド・フランソワ」がある。

                      お店は、あまり目立たないところにあるのだが、

                      中に入った途端まるで別世界のような

                      エレガントな空間が広がる。

                      これまた当時ヘヴィスモーカーだったのに、

                      シャガールの絵が見たいが為に、

                      禁煙席に陣取り、

                      いきって本を読んでた記憶が

                      プレイバックされて

                      思わず赤面。


                      創業は昭和初期

                      長い時代を経てしか出せない

                      雰囲気をもった店で

                      案の定、その後

                      喫茶店として唯一文化財に登録されている。



                      それと、

                      京都と言えば

                      亡くなった親友が好きだった街でもある。

                      劇団に入っていた彼の芝居を見に

                      よく通ったなあ。


                      最近は車で移動する事が多いが

                      京都はやはり歩いてなんぼ。


                      たまには

                      一人でカメラ持って

                      ぶらりと歩いてみようかな。


                      「在りし日のみゅーず」

                      (とびねこ撮影)



















                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>

                      とびねこの本棚

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1911 最後に更新した日:2020/09/23

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM