下限値警報

0
    7月4日(火)




    最終電車で帰宅し

    その時々で

    起きている人や動物と

    少しばかり話をして

    軽く晩酌して床につく



    そんな1週間が

    また始まった



    やばい

    我が家の酒が

    軒並み下限値を切っている

    今週末は

    何か1本

    いっときますか。


    月曜から飛ばすぜ2

    0
      7月3日(月)




      23時45分

      北新地

      シャンパン食堂

      餃子とシードルで乾杯


      終電滑り込みセーフ

      今週も

      前進あるのみ!



      シリーズものを片付けろ

      0
        7月2日(日)




        朝からパンク修理

        何か

        月に一回は修理しているような気がするなぁ

        今回はチビのチャリの後輪


        ここ何回かは、

        スローパンクや

        バルブの真裏など

        難易度の高い修理が続いていましたが

        今回は非常にオーソドックスなパンク

        サクッとやっつけましたが

        ええ加減チューブ交換を考えてくれー




        それはさておき


        古本屋さんで

        シリーズもので

        続きが古本屋に無くてずっと止まっている本が見つかりました

        しかも2つのシリーズで。




        まず1つ目は

        黒崎視音の警視庁心理捜査官シリーズより

        「KEEP OUT2 現着」




        もう1つは

        警視庁女性犯罪捜査班 シリーズから

        こちらは何と2冊


        「警部補 原麻希」と「5グラムの殺意」



        うーん

        これはなかなか珍しいことです


        なぜなら

        まず

        基本的に本は古本屋でしか買わない

        (読書するのに新本である必要もないし)

        次に

        月に10冊近く読むので

        殆ど100円〜200円コーナーで済ませる

        (これは懐の問題)



        このやり方で

        何が起こるかというと

        まず新しくて人気のある本はすぐには読めないと言う事です。

        また

        玉数の少ない本にもめったに出会えません



        とはいえ

        古今東西、

        この世に存在する本は膨大で

        新本、話題本を追っかけなくても

        素晴らしい本との出会いには事欠きません。

        (それはレコードにも全く同じことが言えます)


        なので

        自分の探している本が

        正規のコーナーに並んでいるのを横目に見ながら

        いつか100円コーナーで出会えるさと

        別の本を買って読むのですが


        そうこうするうちに

        気がつけば

        もう何ヶ月

        何年も経ってしまっている事も…



        で、

        やっと続きが読める頃には

        すっかり元のストーリーを

        忘れてしまって

        しばらく読み進めてから

        そうそう

        そんな話やったと

        思い出す始末。



        ちょっと

        これを機に

        シリーズの途中で止まっている本を

        一気に片付けようかなぁ

        ねころび

        0
          7月1日(土)






          朝起きてチョコの散歩

          帰ってから掃除機かけて

          ついでに猫のトイレも掃除


          そこで

          力尽きました。



          昼から

          出て行こうと思っていましたが

          身体が動かない


          仕方なく外出を断念し


          書斎でウトウトごろごろ


          ところが

          中途半端な惰眠は


          気分をスッキリさせるどころか



          身体は益々重くそして怠くなるばかり


          結局、

          何もせずに

          一日が終わりました。


          唯一の救いは

          ココがずっとそばに居てくれたこと


          一人と一匹

          ねころびの一日でした。







          TOKYO

          0
            6月29日(木)





            久しぶりの東京出張



            ただでさえ5時起きのところ

            チビが4時に起きたので

            一緒に起きてしまい

            えらく眠い。



            行き道の2時間半は

            爆睡させてもらいました。




            今日は

            助成金の説明会という事で

            秋葉原にある

            アキバプラザまで出向きます


            選ばれたら選ばれたで

            いろいろと

            手続がややこしい


            まあ、そうでしょう。




            難しい話に

            何とかついていきながら

            終わったのはお昼前でした。



            今回の商品開発にも関わってもらった

            デザイナーが

            最近、神田に事務所を構えたのを聞いていたので

            ちょうど相談したい事もあり

            連絡を取り合って

            一緒に昼食を食べました


            神田のキッチンジロー

            なかなか

            楽しいひとときでした。




            先は長く

            まだまだ

            課題がありますが

            一つ一つクリアして

            給付まで

            漕ぎ着けたいと思います。


            それにしても

            300万あったら

            マン島キャット金貨

            何枚買えるかなぁ



            目指せ1000冊 特別編

            0
              6月28日(水)




              目指せ1000冊特別編いきます


              その1

              「探偵の探偵」 松岡圭祐

              ストーカーやDVに手を貸す

              悪徳探偵に恨みを持つ主人公が

              ボロボロになりながらも

              たった一人で戦うシリーズ


              ちょっと

              深町秋生の「アウトバーン」を

              思い出しました。


              あちらは女刑事でこっちは女探偵

              女性刑事ものとは

              少し異なりますが

              面白い


              全4部作で

              2作目まで読み終えたところ


              4は既に購入してますが3が無い

              ストーリー上

              この3がクライマックスと思われるので

              先に読むわけにもいかず


              よって今

              読む本が無い状態


              歯がゆいところです






              その2

              「星の王子さま」 サン=テグジュペリ

              すっと探していた


              角川文庫の黒表紙

              ようやく発見



              もう10回以上は読んでるなぁと思いながらも

              今回も読み出すと止まらなくなり

              結局最後まで読んでしまいました。





              菅敬次郎の翻訳については

              いろんな意見がありますが、

              一番の仕事は

              王子さまの口調を

              「ぼく」「きみ」ではなく

              「おれ」「お前」と訳したところ



              誰が何を言おうと

              こんな元気一杯の

              いきいきした王子さまは


              他では味わえません


              もはや古典中の古典ですが、

              その時々の自分の気持ちで

              印象に残る箇所が違ったりと

              毎回新しい発見があります。


              という訳で

              今回は王子と薔薇の会話が

              グッときました。




              どうやって

              こんな気持ち

              伝えればいい

              どうやって

              こんな状態

              抜け出せばいい

              トラワレの身

              囚われたこの身〜

              「トラワレ」 by ミライノス



              明日はTOKIO

              蛹化ラッシュ

              0
                6月27日(火)





                免許証の更新年で

                講習があったので

                1日休みました。


                軽微な違反による一般講習

                まだ記憶に新しい

                チビのシートベルト忘れの1件です


                30分でさっさと帰る優良運転者を

                恨めしげに見送り

                そこから更に

                講義を聴いたりDVDを観たり…


                それでも

                思っていたよりは早く



                10時過ぎには

                新しい免許証をもらって帰ります。

                準中型って何やねん(笑)




                帰ってからは

                嫁さんの代わりに家の用事を



                家の前が中学校のプールなのですが

                毎年この時期になると

                涼しげな水飛沫の音と

                生徒の嬌声と

                先生たちの怒鳴り声が

                響き渡ります


                それを聞きながら

                洗濯物取り込んだり

                掃除機かけたり

                BGMは

                たくろうの「サマーピープル」

                いよいよ夏ですなぁ




                昼からは

                生き物係の仕事


                ざっと家中を点検し

                補充するものをピックアップして

                ホームセンターのペットコーナーへ


                猫砂、チョコのカリカリ、ノンココの缶詰などを手早くカートに入れていきます


                そう言えば

                嫁さんが

                ノンココにキャットタワーを買ってあげたいと言ってたなぁ

                それも俺のポケットマネーで

                しかも書斎に


                その時は一笑に付しましたが

                今日あらためて見ると

                なかなか悪くないなと

                どうやったら

                うまく書斎に収まるか

                考えてる自分がいました。

                時間があったら

                自作するのになぁ






                えらく前置きが長くなってしまいましたが

                本題はここから


                オオクワガタの幼虫、

                少し前から気にはなっていたのですが

                今日あらためて点検すると

                外から分かるだけでも

                9頭が蛹化

                そして2頭が羽化していました






                ただ

                その中で♂は1頭だけでしたね


                頑張って羽化しろよー


                月曜から飛ばすぜ

                0
                  6月26日(月)




                  23時50分

                  北新地

                  蜂の家


                  知る人ぞ知る

                  秘密基地


                  月曜から飛ばすぜ


                  距離感

                  0
                    6月25日(日)




                    嫁さんに誘われて

                    午後から

                    イオンモール大阪ドームシティへ


                    最近

                    子供たちと出歩かなくなった分


                    ちょこちょこ誘われます



                    入店すると

                    ちょうど

                    「全国 道の駅 厳選 美味しいもの展」をやっていました


                    二人とも道の駅好きですので

                    そこだけ一緒に見て

                    あとはいつも通り別行動



                    お互い

                    好き勝手見て回り

                    これは相手の意見を聞きたい

                    と言うのが見つかった時は

                    連絡取って落ち合う

                    というのが我が家のスタイル



                    で、

                    相手に対して

                    「これいいんちゃう?」

                    というのが見つかった時も同じで

                    連絡を取り合います。


                    今日は

                    そのパターンで

                    服を3着買ってもらいました。


                    自分一人じゃ

                    まず服なんて買うことないもんねぇ



                    うん

                    この距離感は

                    悪くない


                    ランキング1位

                    0
                      6月24日(土)




                      我が家の

                      人気者ランキング NO.1

                      黒猫のココ嬢


                      雑種でしかも野良出身ですが、


                      ヒマラヤンのノン

                      トイプードルのチョコを抑えて

                      堂々の1位





                      野良あがりだけあって

                      歳の割に堂々としており


                      めったに鳴かないのですが、

                      たまに困ったことがあって鳴く時の声が
                      ワンワンとまるで犬みたいで

                      特に嫁さんとチビがガッチリハートを掴まれています。


                      書斎にもよく来ますが

                      まあ確かに恰好良いなぁ。





                      PS.

                      嘘か真か

                      今度は白い猫を飼おうかという話が

                      持ち上がっているらしい


                      マ・ジ・か?


                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      とびねこの本棚

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1064 最後に更新した日:2017/08/16

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM